手とり足とり愛しましょう! 分冊版 1巻のネタバレ感想

タイトルの『手取り足取り愛しましょう!』の意味とは?

それは第1巻が教えてくれた。

むっはー(*゚▽゚)=3

さてそれでは 第1巻のネタバレ感想、いっくよ~。

手とり足とり愛しましょう! 分冊版 1巻(作者 藤代香澄)の感想とざっくりとしたネタバレ

手とり足とり愛しましょう!分冊版 1巻
手とり足とり愛しましょう!
分冊版 1巻

↑読むには「試し読み」をクリック↑

1巻無料の時があるから、タイミングが合えば丸ごと読めちゃう!

手とり足とり愛しましょう! 分冊版 1巻の着目ポイントはこちら。

  • ちーじょ
  • 痴女いじり
  • 練習台の依頼と受諾

手とり足とり愛しましょう! 分冊版 1巻を短くまとめると

『一般人がひょんなことからマネージャーとなり、イケメン俳優に頼みごとをされる。「演技の練習台になってほしい。主にラブシーンの。」って。』

となる。

それでは、上記で挙げた各項目について書いていく。

ちーじょ

主人公の千春ちゃんが、人気俳優の狛江くんの服を汚してしまい、その罪滅ぼしでマネージャーとして働くことに。

漫画らしい入りにワクワクだ。

少女漫画の主人公はいいよな~。こうやって天から恵みが降ってくるんだもんな~。

黙って従ってるだけで、あれよあれよとイケメン俳優のマネージャーに就任だよ。ったく( ̄△ ̄)

狛江くんの家へ行くと、パンツ一丁で出てきたもんだから千春ちゃんは動揺しまくり。

滑ってころんだ先には、狛江くんの股間がありましたとさ。

はちゃめちゃー!

千春ちゃんはこの一件で、狛江くんから、ちーじょと呼ばれることになってしまった。

すごい呼び名だこと。

呼ばれる千春ちゃんも嫌だろうけど、ちーじょってのを声に出す方も抵抗あるのでは?

なんてことを思ったり(^_^;)

痴女いじり

狛江くんは、千春ちゃんの失態(股間直撃)以来、触ると「さすがだ」とからかうようになる。

かばんを手渡す時に指先が少し当たっただけとか、疲れてる狛江くんの手を揉んであげようとした時とか。

なんだよ~イチャイチャしやがって~!もっとやれ~(笑)

こういうシーンいいよなぁ。少女漫画の旨味を感じられるとこだと思う。こういうのが良くて私は漫画読んでる。

練習台の依頼と受諾

で、狛江くんに押し倒されて逃げ出した千春ちゃんは、若者たちに襲われそうに。

次から次へと。千春ちゃんも大変ですな~。

そこに狛江くん登場。ここは、正義の味方登場!と書いた方がピッタリ?さっきは千春ちゃんを押し倒してた人なんだけども。

ドカッドコッと悪者が倒されていく。

そして無事に逃げ切れた。

狛江くんは、押し倒したことを謝罪。あれは演技の練習だった、と。

千春ちゃんはこれから先、狛江くんのために、練習台になることを承諾したのであった。

読んだ理由

甘えてもいいの?』を描いた人の漫画が出てる~!

というわけで、私は飛びついた。

ΣΣ≡≡≡ー(ー・ω・)ー

今回は「俳優とマネージャー」。漫画らしい設定である。

どんな描かれ方をしてるのか気になり、買ってみたわけだ。

第1巻は、だいたいどの漫画も、読者が登場人物たちの関係を知るためにあると思う。漫画の自己紹介っていうか。

そしてどうなっていくのかはそこからだ。

相変わらず、恥ずかしがってる女の子の表情がいいわ~。そそられる。ぷぷぷ(´^з^)

感想のまとめ

それではあらためて「手とり足とり愛しましょう! 分冊版 1巻のネタバレ感想」のまとめを。

ちーじょ

→千春ちゃんのおとなしそうな性格からして、今まで無縁の言葉だっただろうに。

痴女いじり

→いじめてる風でいて、イチャイチャしてるじゃないか。ニンマリしちゃうぜ。

練習台の依頼と受諾

→主にラブシーンのってところがすごいわ(笑)

読んだ理由

→いわゆる、作者買いってやつですな。

こちらからは、以上です。