王子が私をあきらめない!1巻の第6話ネタバレ感想

健全なデートにほっこりした。

小梅ちゃんが今回はボケ担当。

椿先輩との組み合わせだと小梅ちゃんはボケに回るようだ…って、そんなことないか(^^;

王子が私をあきらめない!1巻(作者 アサダニッキ)の第6話の感想とざっくりとしたネタバレ

王子が私をあきらめない!1巻
王子が私をあきらめない!
1巻

↑読むには「試し読み」をクリック↑

王子が私をあきらめない!1巻の第6話の着目ポイントはこちら。

  • 水玉の背景とか花束となったバラとか
  • 健全なデートとバラの存在感
  • 小梅ちゃんがボケるもツッコミがいない
  • ヘリで捜索していることを椿先輩がすぐに察知

王子が私をあきらめない!1巻の第6話を短くまとめると

『庶民的なデートを楽しむも、リムジンとかヘリで捜索など、端々に見える貴族感がスパイシー。』

となる。

それでは、上記で挙げた各項目について書いていく。

水玉の背景とか花束となったバラとか

第6話の表紙があり、次のページ。

水玉の背景に、大量の初雪様。

第1話の感想でも書いたように、これが非常に好き。まさか第6話を読む際にも見られるだなんて。ヘ( ̄▽ ̄*)ノひゃっほー

小梅ちゃんに合わせて商店街でデートすることに。

初雪様はバラの花びらが舞い散る中、バラの花束を持って登場。わざとバラを繰り返す書き方をする私(笑)

リムジンが狭い道に入ってこられず…、という小ネタが入る。

小ネタは入れたということで。あ、やかましいかしら?

(・_・)ノ( ゜ー゜)

健全なデートとバラの存在感

デートの様子が可愛らしい。

コロッケを食べたり、UFOキャッチャーをしたり、アイスクリームを食べたり。

その都度舞い散るバラの花びら。

ついに小梅ちゃんの頭や肩の上に降り積もってしまった。

何故初雪様は花びらの被害に遭わないでいられるのだろうか。

バラ使いだからなのかな。

初雪様は、小梅ちゃんに微笑む。

いい感じのデートだ。

ところが、はぐれてしまうのである。

小梅ちゃんがボケるもツッコミがいない

小梅ちゃんは途中で出会った椿先輩と行動を共にする。

椿先輩は10年会っていないというお母さんのところへ向かう途中だった。

小梅ちゃんがインターホンを鳴らす。

緊張の面持ちで。

お蕎麦の出前のふりして。

椿先輩のお母さんはあきれ顔でドアを少し開けた。

しかし出て来ようとはしない。

それで小梅ちゃんは神妙な感じで、人の命はいつどうなるかわからない、私の両親は…と何かを匂わせる。

小梅ちゃんの両親って、まさかいないんじゃ…(´・ω・`)

椿先輩のお母さんもそう思っただろう。私も思った。

ところが次のページ。

両親は元気だと言って、小梅ちゃんはドアをガラッと開ける。

ちょっと!

私は心の中で、ズッコケた。

ところが、椿先輩も椿先輩のお母さんもスルー。

誰も一切触れない!ツッコまない!

ツッコミの人、不在である。

ドアを開けた小梅ちゃんの下のコマですでに、親子対面の感動のシーンが。

なんでなの?どんな心境なの?2人は小梅ちゃんに何も思わないの?

小梅ちゃんの両親が元気なのはいいんだけど!椿先輩も椿先輩のお母さんも気にせず感動の対面ができるんかい(笑)

ヘリで捜索していることを椿先輩がすぐに察知

そういうことがあって、3人が空を見上げると、ヘリコプターが。

椿先輩が言うところによると、初雪様が小梅ちゃんの捜索をしている、と。

たかが商店街ではぐれただけなのに!?

( ・_・)*―∞C< /― _-)/

小梅ちゃんは2人に挨拶をし、初雪様のもとへ走って行った。

椿先輩は小梅ちゃんに何か気持ちがあるっぽい。

思ったこと

おデート、おデート~♪

読んでる私がウキウキ。

ハチャメチャなデートになりそうだと予想していた。

ところがどっこい。どっこいしょ。

どっこいしょだったのだ!つまり、デートが可愛かった!

それにしても、椿先輩のあの表情。

気になる~。

今後「初雪様 vs 椿先輩」って展開が待ってるのかな。ドキドキ(*>ω<)

感想のまとめ

それではあらためて「王子が私をあきらめない!1巻の第6話のネタバレ感想」のまとめを。

  • 水玉の背景とか花束となったバラとか

→バラが、正面切ってバラとして出てきた!

健全なデートとバラの存在感

→初雪様の喜びを、バラが読者に伝えている。なんか感動。・゚・(ノ∀`)・゚・。

小梅ちゃんがボケるもツッコミがいない

→これがあの有名な「スカシ」というやつなの!?((((;゚Д゚))))がくぶる

ヘリで捜索していることを椿先輩がすぐに察知

→ ヘリ見ただけで分かる 椿先輩。美しき友情だな~(笑)

こちらからは、以上です。