遠慮せずエロい言葉を使ってますのでよろしくお願いします。

みんなの王子様の童貞は私が美味しくいただきました。1話のネタバレ感想

1話は、2人の関係の説明、状況の説明となっていますが。

最終回を読んだ後に1話を読み返すと、ニヤニヤしますね~w

【知らなきゃ損】

TL漫画好きにはたまらないのがAmazonの読み放題です。

とにかくラインナップがすさまじい。

あれもある!これもある!で、TL漫画好きにはたまらない事になってます。

もう、ウハウハ。

パラダイスです!!

利用した事が無い人の場合は1ヶ月無料で読み放題に登録できちゃいます。

その他に、キャンペーンによっては99円で2ヶ月利用できる時があったり。

キャンペーンは対象者のみに表示されます↓

感想とざっくりとしたあらすじ

最初読んだ時、1ページ目から、がっしりとつかまれましたw

興味をそそられました!!

童貞の責任を押し付けられた!?

童貞をもらった責任を押し付けられたのではなくて?

そもそも男性の性的な責任を取らなきゃいけなくなるってw

女性の場合は、男に対して、処女を奪った責任を迫るのは漫画でまあ見かけます。

女性だって、誰かに自分が処女でいる事の責任を取らせる事は・・・無いと思いますけどもw

依子は太一をスカウトし、超人気タレントに育て上げました。

1話は、太一をスカウトする時の様子が描かれています。

太一の泣いてるところが美しくて、見惚れる依子。

打ちひしがれ系男子としてデビューww

そして、撃沈w

打ちひしがれ系男子は、売れませんでした~。

その時の様子も描かれています。

依子が太一を芸能界に引き入れたわけですけども。

まだ学生の太一に、しっかりと勉強するように言います。

圧がすごい!

それは依子の経験によるものでした。

依子も芸能活動をしていて、学業が疎かになっていった、と。

仕事か、学業か。

依子は仕事を選びました。

しかし、プロデューサーから枕営業を強要されて・・・

今はこうして裏方のマネージャーをやってるわけです。

枕営業を断った事で、干されてしまったそうで。

太一が依子に聞きます。

枕営業をさせるのか、と。

依子は即座に否定。

太一にはそういう事を一切させないと宣言。

枕営業がトップスターへの絶対条件ではないし、頭を使えば、必ず成功するって言い切ります。

かっこいい。

そしてダメ押し。

太一の貞操は、依子が守るんですって~(ニヤニヤ)

かっこいい!

頼もしい!!

結末のネタバレ

それから数年後、見事売れっ子となった太一。

依子がしっかりと守ったおかげで、いまだに童貞だそうで。

笑顔で、やんわりと依子を責めていますww

いまだに童貞だけど、その点をどう思うかって太一が依子に聞いてますけど・・・

これはつまり、童貞なんだけど、どうしてくれるんだ!と言ってるわけですねw

太一が何かを持ってます。

1話の最後のコマで、手元がアップで描かれてまして・・・

キシリって見えるんで、ガムなんでしょうけど。

容器の中身が問題じゃなくて。

ラベル!

さくらんぼです。

チェリー味なんですって~。

感想まとめ

枕営業から太一を守り、体を使った方法を取らなくても、売れっ子へと導いていった依子。

感謝されるなら分かるけれど、守られたせいで童貞だって責められるというw

依子は無表情で、淡々と聞いています。

リアクションは次回って事でw

2巻に続きます。

>>みんなの王子様の童貞は私が美味しくいただきました。2話のネタバレ感想