遠慮せずエロい言葉を使ってますのでよろしくお願いします。

【エロ目線】調教系男子オオカミ様と子猫ちゃん14話のネタバレ感想

慎平が遊びに来ているというのに、エッチしますw

お構いなく、緊縛プレイです。

【知らなきゃ損】

TL漫画好きにはたまらないのがAmazonの読み放題です。

とにかくラインナップがすさまじい。

あれもある!これもある!で、TL漫画好きにはたまらない事になってます。

もう、ウハウハ。

パラダイスです!!

しかも今だと99円で読み放題に登録できちゃいます。

99円で3ヶ月利用できるキャンペーンは対象者のみに表示されます↓

>>Amazonの読み放題へ

エロいシーンの入り方(流れや理由)

調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん14

調教系男子 オオカミ様と子猫ちゃん14

↑読むには「¥0 サンプル」をクリック↑

なんか深雪の手足の縄に注目してしまいますww

2巻の巻末のおまけマンガに描いてあったのでね~。

誠司が睡眠時間を削って手入れしている縄。

深雪の肌を傷つけないように毛羽立ちを取り除き、オイルを塗り込んでいる縄ですよ。

そんな縄を使ってるんだと思うと、深雪が思っている通り、この縄は誠司と深雪の愛の絆!!

まさしく!!

前回は、深雪に目隠しをして、手足を縛って、誠司が後ろから抱きしめているところで終わりました、

今回はその続きです。

エロいシーンについて

誠司は深雪の脚を開かせます。

すでに深雪のあそこはびしょびしょだそうで(ニヤニヤ)

誠司が指を入れていきます。

両手の指が入ってますね~。

指を入れられて、深雪の声が大きくなります。

誠司はぎゅっと深雪を抱きしめて、かわいい、大好き、愛してるって言います。

安心感に包まれる深雪。

次に誠司は、バイブを取り出しました。

深雪の体で一番好きなのは、深雪の中だと言います。

誠司が一から仕込んだ最高の体は、ヒダヒダがたくさんあって、焦らせば焦らすほど吸い付きがよくなるんですって~(むふふふふ)

バイブを突っ込まれると、深雪のあえぎ声が大きくなるのを予想した誠司が、深雪の口を手で塞ぎます。

予想通り、深雪は感じまくって、声も出てしまってますね~。

誠司はバイブのスイッチを押しました。

バイブのスピードが速まり、気持ちよくていってしまいそうになる深雪。

しかし、誠司のでいかされたいっていうモノローグがありまして。

誠司が、いけって言います。

深雪はいってしまいました~。

バイブを引き抜き、深雪を四つん這いにさせます。

四つん這いといっても、手は縄で足に固定されてしまってますから、お尻を突き出す体勢になってますけども。

深雪のお尻を握りながら、激しく突き上げる誠司。

気持ちよすぎて、深雪が大きな声を出しちゃってますよー。

誠司がいったん引き抜きまして。

またバイブ!?

深雪はいきます。

するとバイブを引き抜き、誠司のものを挿入。

また突き上げます。

深雪が潮を吹きましたw

ずっといきっぱなしの状態になったようです。

深雪のモノローグには、きもちいい、きもちいいってありますね~(ゲヘヘヘヘヘ)

誠司は、深雪の中に射精。

深雪の全身が快感に包まれます。

そしてまた挿入。

誠司は縄をほどき、目隠しを取りました。

ハグして、微笑み合う2人。

キスして、正常位になります。

誠司の優しいまなざしに、深雪が愛情を感じて幸せに浸っているところで、エロいシーン終わり。

エロいシーン感想まとめ

激しいプレイの後に、こんな甘々なシーンを見せられたら・・・

緊縛プレイは2人にとっては心を通わせるスキンシップ、甘々なエッチなんだな~と改めて思いました。

誠司だけじゃなく、深雪にとっても。

深雪は別にマゾではなくて、責めている時の誠司から愛情を感じるから、濡れてしまう、みたいな。

15話と16話にはエロいシーンが無かったので、17話に続きます。

>>【エロ目線】調教系男子オオカミ様と子猫ちゃん17話のネタバレ感想

>>【エロ目線】調教系男子オオカミ様と子猫ちゃん13話のネタバレ感想