甘えてもいいの?3巻のネタバレ感想

あまりにも、晴臣くんの人間が出来過ぎの3巻。

晴臣くんじゃない、出来杉君だ。

3巻じゃない、出来杉君だ。

そんな意味不明なことを書いてしまうほどに。

1巻や2巻を読んだ時以上に、羨ましくなってきた。

甘えてもいいの?3巻(作者 藤代香澄)の感想とざっくりとしたネタバレ

甘えてもいいの?3巻
甘えてもいいの?
3巻

↑読むには「試し読み」をクリック↑

上の「試し読み」から読める冒頭部分のキスシーンが、わおっ(/ω\)

甘えてもいいの?3巻の着目ポイントはこちら。

  • ピーと鳴ってぐううと鳴る
  • ベタなイチャイチャ
  • 鼻血
  • 誠実な2人

甘えてもいいの?3巻を短くまとめると

『旅行で見事、深い仲になる。そして私の下心を満たしてくれた。』

となる。個人的な気持ちを盛り込んでしまった(;^ω^)

それでは、上記で挙げた各項目について書いていく。

ピーと鳴ってぐううと鳴る

唇を離したら、乾燥機のピーという音が鳴って、塔子ちゃんのお腹もぐううう。 このシーン、好き (>▽<)

キスの緊張感がそこで止まって、クスッと笑えて、すごくいいシーン。

そして、旅行をすることになるのだが、行く前から妄想を膨らませる塔子ちゃん。

奥手に見せておきながら、こんな一面があるなんて。

あんなことやこんなことを頭に思い浮かべて、顔を赤らめている。

塔子ちゃん的には、心の準備ができているわけである。ほほう、なかなかやりますな~。女性側も、ちゃんと積極的なのがいい!

ベタなイチャイチャ

で、旅行だ。

素朴な2人の旅行は、やっぱりほのぼのさせてくれるなぁ。

老夫婦に写真を頼まれて塔子ちゃんが撮ってあげるんだけれど、その様子を見つめる晴臣くんの表情!

小さめのコマで描いてあるんだけど、こういうの、いい。まんまとキュンとしてしまったよ。

あとソフトクリームを食べてて塔子ちゃんがほっぺたにソフトクリームがつくとそれを指で取ってあげる晴臣くんがもう!

ベタなやり取り。そう、こういうの!こういうのもいいんだよな~。うっとりしちゃう (*⌒∇⌒*)

鼻血

楽しい旅行のシーンが続き、旅館に着いたところから、塔子ちゃんの試練が始まる。

なんと鼻血が!

塔子ちゃん~!

かわいらしい顔に、タラリと垂れた鼻血。

そんな恥ずかしい姿をさらすことになってしまった塔子ちゃん。

当然、本人は騒ぐ。ショックを受ける。あああ、かわいそう ( ̄□ ̄;)

しかし、あの晴臣くんなわけよ?

丸ごと優しく受け止める!

お見事。 (^-^)//”” パチパチパチ。スタンディングオベーション。私一人で勝手に。

誠実な2人

情けないところも、カッコ悪いところも、どんな姿を見せても引かずにいてくれるって、ありがたいことだわ。

そういう晴臣くんだから塔子ちゃんも、思いを隠さずにぶつけられるんだと思う。

もし鼻血で晴臣くんが笑っていたとしたらこの後のシーンも変わってきていたはず。

塔子ちゃんは素直に晴臣くんに言う。

キスしたいこと。

初めてだということ。

もっと触ってほしいこと。

晴臣くんだから大丈夫って思うわけで。

朝になって目を覚まし、ダメなところも見せて甘えてどんどん愛しくてたまらなくなる2人であった。

晴臣くんは人間が出来ている。

塔子ちゃんもどんどん楽になっていっている。

付き合うってこういうことだ。

相手のことを受け止めていく。そして自分も、心を開いてありのままの自分を見せていく。

それを繰り返して、関係を作り上げていく。

受け止められない部分があれば、それもまた正直に、受け止められないと相手に伝える。

この2人はきっとそうやってこの先も、仲を深めていけるんだろうなあ。

読んだ理由

これはもう2巻の終わりでキスしているわけだから、その続きが気になるに決まってる~。

美容師ってチャラいイメージがする。私は、ね。だから美容師である晴臣くんがガンガン先に進めていくのかなって。

でも、そうじゃない。意外にも、美容師なのに誠実な晴臣くんだった。私の美容師への偏見がすごいな(笑)

逆に塔子ちゃんを悶々とさせてしまうほどの、清いお付き合い。

それなのに、3巻の試し読みで少し読んだところ、旅行するっていうから、これは!

この2人が、旅行!?

これは読まねばならぬ!見届けねば! ( ̄ー ̄)

そう思った次第である。

いや・・・違う。下心、あ・・・った!

だって~、泊まるんだもんね♪

どんなふうにイチャイチャするんだろう~。見たい。

ってのが8割を占めてた~ げへへへ (^◇^)

感想のまとめ

それではあらためて「甘えてもいいの?3巻のネタバレ感想」のまとめを。

ピーと鳴ってぐううと鳴る

→私も晴臣くんと同じこと思った。「いろんなのが鳴ったな」って(笑)

ベタなイチャイチャ

→読んでて、おだやかにキュンキュンしてた。

鼻血

→これは、塔子ちゃんがかわいそうだった。鼻血姿を好きな人に見られるってヤダ~。

誠実な2人

→鼻血ヤダ~ってとこからの、これ。出来杉くんのおかげで一気に私の感情が浮上。心が洗われたわ。なんて清々しいの。

読んだ理由

→下心があったって、いいよね♪

こちらからは、以上です。