甘えてもいいの?2巻のネタバレ感想

読んでてマジで羨ましさしかない!ただただ羨ましいだけの話だった。

デート中の様子がよかったー。些細な日常が切り取られた感じで。

1巻に引き続き2巻でも、読後は優しい気持ちになれた (*^o^*)

甘えてもいいの?2巻(作者 藤代香澄)の感想とざっくりとしたネタバレ

甘えてもいいの?2巻
甘えてもいいの?
2巻

↑読むには「試し読み」をクリック↑

上の「試し読み」から読める冒頭部分で、2人がいちゃついている。

甘えてもいいの?2巻の着目ポイントはこちら。

  • 絵の線が丁寧
  • 健全なお付き合い
  • 危機が訪れた理由

甘えてもいいの?2巻を短くまとめると

『仲良くデートして、相手を思いやって、キスする。』

となる。

それでは、上記で挙げた各項目について書いていく。

絵の線が丁寧

素朴な2人だから冒頭から微笑ましい。

私はまったくの素人ながら、絵について、感じたことがある。線が、丁寧だなって。

なんて表現したらいいか分かんないんだけども。

登場人物たちの、例えば「手」とか。

ああ~、言い方が分からん σ(⌒▽⌒;)

作者の方はこういう話を作れる人なんだから、その人柄が線にも出るのだろう。

まったくの素人の私ですら、線からその感じがしてくるんだから。

その絵と、この物語がマッチして、とってもほんわかする!

健全なお付き合い

さて、2巻の具体的な感想を。

素直に甘える塔子ちゃんが本当に可愛い。 何回も思ってしまうし、何回も書いてしまう。可愛いんだからしょうがない (  ̄3 ̄)~♪

ピザを食べに行ったり映画を見に行ったり。

塔子ちゃんは顔を赤らめながら「ギュッてして」って晴臣くんに言う。

幸せそうな塔子ちゃん。

清い交際が、読んでいて大変まぶしいっ! (/-\)

会社で嫌なことがあっても晴臣くんに慰めてもらえる。晴臣くんが癒してくれる。味方でいてくれる。

塔子ちゃんが羨ましくて羨ましくて!羨ましすぎて泣けてきた。え~ん。

このように、仲良くて何も問題が無い2人。

それはそうだろうよ。こんな優しい恋人がいて何の不満があるというのだ!

危機が訪れた理由

と・こ・ろ・が。塔子ちゃんは悶々とし始めるのである。

自分ばっかり甘えていることに気づいて。晴臣くんにも甘えてほしいと。

ん? ( ̄- ̄)

甘えるのが自分ばっかりで?とおっしゃいましたか?

で?甘えてくれなきゃ嫌だ?

どっひゃ~ (ノ≧∇≦)ノ

・・・いい子だ。

私ばっかり甘えているっていう事が、お付き合いの危機になる!

見習いたいものだ。

そして塔子ちゃんは、不安に思った気持ちをきちんと晴臣くんに伝える。

しかし話すだけ話して逃げ帰ってしまった。まあ、仕方ないか。

家に帰った塔子ちゃんは、静かに泣く。

本当に寂しいんだもんって。可愛いよ~。

その後すぐ塔子ちゃんの家に来た晴臣くんは、自分の気持ちを伝えて、無事仲直り。

今回の一件でもっと仲が深まった感じ。

ハグするとか手を繋ぐだけだったのが先に進んだ。

最後のページの最後のコマで!

キスしてる!

ガッツリ?!

これはどっちだ?

唇が触れただけなのか、パクっと深めなのか?

ああ、分からん。

読んだ理由

1巻を読んですごく優しい気持ちになれたから、またそんな気持ちになりたくて。

漫画にライバルが登場すると嫌な気持ちになったりする。

そういうのはいらないんだよ。ほのぼのがいい。

そんな気分の時に、1巻を読み返した L(@^▽^@)」

この2人の行く末が読みたい!

他にも仲良しなシーンを見たい!

読み返したがゆえに、もっと読みたくなってしまった。

1巻だけで2人は付き合ったし、塔子ちゃんも甘えられるようになっているわけだから、完結済みっちゃー完結済み。

だから私はただ2人の仲良しなシーンが見たいがために買った。

絶対キュンキュンできると思ったから。

そして期待通り、素朴な2人の優しいキュンキュンが待っていましたとさ。

感想のまとめ

それではあらためて「甘えてもいいの?2巻のネタバレ感想」のまとめを。

絵の線が丁寧

→にじみ出るものがあるってことだな~。

健全なお付き合い

→ステキだよ、この2人。

危機が訪れた理由

→こんな優しくて思いやりあふれる理由があっていいのか!こっちのコンディションによっちゃー、ここ読んで泣くよ?(笑)

読んだ理由

→ただただキュンとしたかった。ほっこりしたかった。出来た(´∀`*)

こちらからは、以上です。